本文へスキップ

ビエントはPADI優秀賞受賞店。神戸市灘区から南紀・和歌山・白浜・串本の海へ!

お問合せはこちらTEL.078-856-9735

メール:viento@ds-viento.com

ドライスーツとは?お試しツアーdrysuit info

透明度のよい海で遊びませんか?

紀伊半島では1年中潜れます!秋・冬の南紀はベストシーズン☆透明度も良くおススメ。
11月〜6月のダイバーコースやダイビングツアーでは、ドライスーツを利用します。
ドライスーツは保温性が高いので、季節も場所も選ばずオールシーズン使える頼もしいスーツです。年間を通してダイビングを楽しみたいというアクティブなダイバーにはドライスーツがおススメです。ドライスーツSP講習で、快適に使う方法やトラブル対応などのスキルをしっかり学びませんか♪
ドライスーツはオールシーズン

ドライスーツの装備
首と手首はぴったりゴムで浸水をカバー。胸の吸気ボタンで空気を入れ、背中にファスナー宇宙服用と同じ方式の防水力。二の腕や手首の排気バルブで空気を抜くよ。足はブーツ付靴下必要。濡れるのは手と頭だけ。スーツ内にはT冬用の専用インナーやシャツやスパッツ等服を着ます


ダイビングスーツが必要な理由

カラダを保温すること
夏の海水浴など水面付近で15分くらい泳いでも寒さを感じることは少ないかもしれません
でも、ダイビングで水深15m前後に、30分程いる事が多い。海水に体温は奪われ身体は冷えていきます。場合によっては、体温の低下で運動能力が低下することも考えられます。スーツは、怪我の予防だけでなく、寒くならないようにする役目を果たしているのです。

カラダを保護すること
岩場や珊瑚の周囲には、いろいろな海の生物が棲んでいます。でも美しく見えるそんな風景も、肌をさらして無防備に近づけばケガのもと。岩や珊瑚などに接触して傷付いたり、毒をもった生物に刺されたりと、思いのほか危険は身近に迫ってくるのです。スーツは、こうしたトラブルから、ダイバーのカラダをしっかりと守るものです。

ドライスーツとウエットスーツの違い

シンプルな構造のウェットスーツ
ウエットスーツは、カラダとスーツの間に浸入したわずかな水を体温で暖める、シンプルな構造。スーツの中には、一般的に水着を着用し、浸入した水がいったん暖まれば、その温水が逃げない限り高い保温効果が得られます。しかしその温水を、できるだけ出入りさせないように、フィットするスーツが大切。

ドライスーツは完全防水構造
ドライスーツは、スーツ本体からブーツまで一体になった体を濡らさない完全防水構造。カラダとスーツの間にできる空気層を体温で暖めます。専用のインナーウェアを着用することで一般的な南紀でのダイビングから流氷ダイブでも対応できます。保温力に優れているために体温を奪われることが少なく、疲れにくいというメリットもあります。

水温によってスーツを変える理由

水温24度がウェットスーツかドライスーツをチョイスする分かれ目
何を基準にして、スーツを選択するのか。それは、ダイビングをする場所や季節などによって変わってきますが、水温22-24度前後がその分かれ目といわれています。これよりも水温が高ければウエットスーツ、低ければドライスーツを着用するのが一般的です。
また、陸上での気象状況や風、陽射し、水深、潮流などによる水温の違いや、濡れたカラダで感じる寒暖の差による体感温度などによっても差が出てきます。ダイビングをする時の環境をしっかりと把握して、最適なスーツを選択しよう。

ホームステージの気温、水温を知ろう
実際に潜る海の水温や気温の情報をきちんと把握しておくことはとても大切。
多くのダイバーがホームとしている南紀!
南紀の場合は、水温22度を超えるのは7月中旬から10月中旬まで。日本海・越前では、6月中旬から9月くらいまで。常夏の島といわれる沖縄の場合でも、年間を通じてみると伊豆半島と同じように気温・水温の変化があります。気温は5月から10月までの高いのですが、11月から4月までは低くなります。水温も気温ほどの温度差は見られないものの、秋から春にかけては22度を下回ることが多いのです。

ドライスーツお試しツアー:10月頃から6月までは…ドライスーツのシーズン♪

「ダイビングは夏だけでしょー。寒いですからね〜(>_<)」と思っているかたは、ちょっと待った〜!南紀は10月〜6月まではドライ、もちろん沖縄や離島だって冬の間ははドライスーツを着るんです!…ということは、「夏だけダイバー=ブランクダイバー
ってことになっちゃいます。
使いかたも簡単☆ドライスーツ講習を1日受講していただけば、あっという間になれちゃいます☆暖かい!ぬれない! 快適なドライスーツダイブを体感して下さい☆

ドライスーツってどんなもんなん?一度着てみたいな〜♪
という貴方にお勧めの「ドライスーツお試しツアー」も随時開催中!(10月〜6月)
ドライスーツってどんなもんなん?一度着てみたいなーー♪と、いう貴方にお勧めの
ドライスーツお試しツアー¥35,000ー

(フルレンタル料、2ビーチ)
講習の流れは・・・
@教材のドライスーツ項目を読む(約10P

Aお店で学科講習 1時間 スーツ着用練習も出来ます
Bいざ、海で2ダイブ♪(日帰りOK海開催はツアーページ等

ご希望により随時、実施致します!日程はご相談下さい。

shop info.店舗情報

ダイブサポートセンタービエントスタッフ写真

〒657-0028
神戸市灘区森後町1-3-19-2F
TEL.078-856-9735
FAX.078-856-9736
営業時間:12:00〜21:00(12-3月は20時)
定休日:火曜
※21時以降も事前連絡あれば22時迄もOK
アクセス
お問合せ
※「ビエント」スペイン語で風を意味します。